ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


動物愛護の取り組み

 

医薬品を開発する過程では、人体への安全性や有効性を確かめるために、動物を用いた実験は避けて通れません。しかし、動物倫理の観点から、動物実験は必要最小限の範囲で適切に行うべきものです。

当社は、「動物の愛護及び管理に関する法律」ならびに関係法令を遵守するため、動物実験委員会を設置しています。また、社内規定を定め、3R*1への配慮や国際的な指針や原則も考慮しながら適正に動物実験を管理しています。また、富士フイルムグループである当社は、グループ各社の動物実験にかかわるメンバーが定期的に集まって、動物倫理に関して、情報共有や改善を推進しています。

このような当社の取組みに対しては、厚生労働省の基本指針に基づき動物実験を適正に実施していると評価され、2013年から財団法人ヒューマンサイエンス振興財団の動物実験実施施設認証センター*2より認証を取得しています。

今後も継続的に動物愛護に取り組んでいきます。


*1:3R:Replacement:代替法の利用、Reduction:動物利用数の削減、Refinement:苦痛の軽減

*2:財団法人ヒューマンサイエンス振興財団動物実験実施施設認証センター:厚生労働省の所管する動物実験実施機関における動物実験等の実施に関して、動物実験等の自主管理の促進とともに動物愛護の観点に配慮しつつ、科学的観点に基づく適正な動物実験等が実施されているかを外部評価・検証する事業を行なう組織


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る