ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


事業領域

 

企業理念

ライブサイエンスで健康文化を創造する

「生き生きとした科学」によって蓄積した技術を活かし、「人々の健康な暮らしを支えていく」という理念を全社員で共有することで、企業としての存在意義を徹底します。


*ライブサイエンス=生命科学(Life Science)を研究活動の基礎とするだけでなく、まず私たち自身が“生き生き”(Lively)と働き、人々に健康で“生き生き”した暮らしをおとどけしたい、という考えから生まれた造語です。

ミッション

新薬開発を通じて世界の医療の発展に貢献する

富山化学の使命は、「世界が期待する新薬の開発を通じて、世界の医療の発展に貢献する」ことです。

[図]事業領域

世界では、多くの難病や新たな疾病を克服する有効な新薬の開発が強く求められています。当社は、研究開発の重点領域を「感染症」「神経疾患」「炎症」の3領域に絞り込み、経営資源の集中化をはかっています。

当社の強みは、何といっても新薬開発能力にあります。多くの海外企業への技術導出実績、中堅製薬企業ではトップレベルのロイヤリティー収入などがそれを実証しています。最近では、抗ウイルス剤「T-705」、アルツハイマー型認知症治療剤「T-817MA」などの大型新薬がパイプラインにあり、これらを早期に世界の医療現場におとどけするため、国内外の有力製薬メーカーとの戦略的提携を活発化しています。

当社は、医薬品の適性使用を推進するため、国際レベルの品質保証体制の確立を目的として、「クオリティーアシュランスセンター(QAC)」を設置したほか、環境保全の面でも、「環境管理に関する基本方針」を制定し、全社的な対応を積極的に進めております。

富山化学は、アグレッシブな企業風土のもと、企業活動のあらゆる面でのグローバル化を着実に推し進め、世界になくてはならない製薬メーカーとして、より大きな飛躍をめざしてまいります。

関連情報

国内および海外の新薬開発状況についてご紹介。

3つの領域と、その研究内容についてご紹介。


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る