ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

環境マネジメント

 

富山化学における「環境」への取り組みは、独立して行なわれているわけではありません。これは、「ライブサイエンスで健康文化を創造する」という当社の企業理念や富士フイルムグループのグリーン・ポリシーを織り込んだものであり、一体不可分なものです。当社は、今後とも、環境関連の法規を遵守するとともに、生命関連企業として常に地球環境・地域社会への影響を配慮した事業活動を行なってまいります。

ISO14001の認証範囲は、富山化学グループ全体です!

[画像]ISO14001認証証明書

ISO14001認証証明書

富山化学は、1996年に環境宣言を掲げて以来、工場や研究所、連結子会社のある富山事業所(富山県富山市)を中心に継続的な環境活動に取り組んでいます。また、富山事業所においては、2000年にISO14001(環境マネジメントシステムの国際規格)の認証を取得し、2006年には、その範囲を本社(東京都新宿区)および本社ビルで事業展開している子会社まで拡大しました。その結果、認証取得の範囲は富山化学グループ全体に拡大いたしました。以降Plan-Do-Check-Act(計画-実施-監視-見直し)のPDCAサイクルを繰り返すことにより環境マネジメントシステムの継続的な改善を図っています。

  • 認証範囲:(1)本社、(2)富山事業所、(3)第二工場、(4)(株)トミカ
  • 登録活動範囲:医薬品の開発および製造
  • 認証機関:DNV GLビジネス・アシュアランス・ジャパン(株)
  • 認定機関:RvA(オランダ)

富山化学のPDCAサイクル

[図]PDCAサイクル

計画(Plan) 実施(Do) 点検(Check) 見直し(Act)

計画(PLAN)

当社では、環境方針や中期環境目的に基づいて、各部署でその部署の本来業務に則した目標を設定し、環境活動を推進しています。

中期環境行動計画(2016~2018)の内容

1.開発段階からの環境負荷リスクの低減

  • 開発段階から部署横断的な環境配慮設計・評価を徹底し、工程における環境課題の明確化 
  • CSR調達の推進(調達先のCSR取り組み状況の把握と活用)

2.省エネルギーと動燃費の削減

  • 富山事業所のエネルギー使用量を2015年度比で10%削減
    Ⅰ.エネルギー利用の効率化
    Ⅱ.設備停止によるエネルギー使用量削減
    Ⅲ.省エネ施策の掘起こし
  • 本社ビルにFFグループで推進しているオフィスの省エネ施策(FFグループの電力自己託送など)を展開
  • 社内外における輸送エネルギーの削減

3.廃棄物の発生量削減と有価物化による処理費用の低減

  • 廃棄物発生量・処理委託費用の削減と、BCM観点からの廃棄物処理委託業者複数化の実施
  • 処理困難廃棄物(水銀廃棄物、PCB廃棄物など)の保有量の把握と処理推進
  • 事業所エリア分離に対応した廃棄物保管場所の整備と廃棄物区分・保管場所の周知

4.環境マネジメントシステムの基盤強化

  • 業務プロセス改善による間接的な環境貢献 (工数削減、業務効率化、文書類・記録の電子化)
  • 2015年度版ISO14001に対応した環境マネジメントシステム改訂・運用と更新監査での認証継続
  • 内部監査員の養成とマネジメントスキル向上による強い組織構築
  • EMS活動単位見直しによる新たな環境活動の充実
  • 環境教育(省エネルギー、生物多様性、廃棄物管理等)による意識・関心の向上

実施および運用(DO)

実施では、以下のようなルールを定めて実行しています。

環境配慮における取引先さまへの協力要請のルール

当社では、購買担当部署から取引先さまへ、環境に関する要望書をお渡ししたり、アンケートを実施するなどして、相互の環境意識向上に努めています。

環境コミュニケーションのルール

諸団体の環境関連施設見学の受け入れ、近隣住民の方々や取引先さまとの連携などにより、環境情報の開示とコミュニケーションに努めています。また、環境関連の要請や苦情などにもルールに基づき適切に対応しています。

[写真]

環境教育風景(本社)

環境教育訓練のルール

環境マネジメントシステムの基本的事項から一般環境問題までの幅広い内容について、年度計画に基づいた教育訓練を実施しています。

その他

その他にも、役割・権限・責任のルール、緊急事態への準備および対応のルール、環境文書・記録保管のルールなどがあります。

点検(CHECK)

[写真]

外部審査風景

点検では、システムの適切な運用管理、実績の把握、監視装置の校正・維持等を確実に行い、不適合が発生した場合は原因を特定した上で、必要な是正・予防処置を実施しています。

内部監査・外部審査

当社では、毎年2回ISO14001内部監査チームメンバー(社員で構成)による監査を実施しており、環境マネジメントシステムが適切・妥当に維持されているか、また有効に作動しているかをフォローしています。また、毎年1回は、ISO14001審査登録機関による外部審査(定期監査および更新監査)を行い、第三者機関からの評価を受けています。

マネジメントレビュー(ACT)

当社では、最高経営層自ら、定期的にシステムの見直しを実施しています。見直しの対象は、環境方針、環境目的・目標やその他の環境マネジメントシステムのすべての要素で、必要に応じて変更に関する決定を行い、処置を指示します。


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る