ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

ニュースリリースの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

2004年03月31日
ニュータイプのキノロン系合成抗菌剤「T-3811」
米国シェリング・プラウ社へ導出することで合意
富山化学工業株式会社(社長:中野 克彦)は、当社が開発している新しいタイプのキノロン系合成抗菌剤「T-3811」(一般名:ガレノキサシン)の世界的な開発、使用および販売権をシェリング・プラウ コーポレーション(米国、フレッド・ハッサン会長兼CEO)に供与することで合意いたしました。今後、両社は2〜3ヶ月をかけて細部の調整を行い、正式契約を締結いたします。

<合意の概要>
1. 富山化学工業株式会社は、日本、韓国、中国を除く全世界における開発、使用および販売の独占的権利をシェリング・プラウ コーポレーションに供与する。
2. 今後、両社は細部の調整を行い、2〜3ケ月後に正式契約を締結する。
3. 富山化学工業株式会社は、正式契約締結後、一時金として8000万ドルを受領する。
4. 富山化学工業株式会社は、その後、開発・販売の各段階において、その達成度合いに応じ総額2億4500万ドルの追加一時金を受領する。
5. 富山化学工業株式会社は、シェリング・プラウ コーポレーションに対し、売上高に応じ合意された価格で原体の供給を行う。

<T-3811について>
T-3811は富山化学工業株式会社が創製した新しいタイプのキノロン系合成抗菌剤です。この薬剤は一旦ブリストル・マイヤーズ スクイブ(米国)に導出され、同社において世界的な臨床開発が行われました。その結果、主として呼吸器系、外科系感染症における優れた結果が得られております。昨年10月同社の商業上の理由により、富山化学工業株式会社は本剤に関するすべての権利を再取得いたしました。

富山化学工業株式会社は「感染症に関わる革新的な治療手段を世界に提供する」ために常に努力しており、今後シェリング・プラウ コーポレーションと協力して、T-3811の国外における早期承認の獲得と規模の拡大に努力して参ります。

「富山化学工業株式会社の概要」
上場: 東証一部市場
代表者: 中野 克彦(なかの かつひこ)
設立: 昭和11年11月
資本金: 223億97百万円
従業員: 1536名(平成15年3月末現在)
売上高: 317億円(平成15年3月期)
事業内容: 医薬品の製造および販売
本社: 東京都新宿区西新宿3-2-5 
決算: 3月
ホームページ: http://www. toyama-chemical.co.jp

「シェリング・プラウ コーポレーションの概要」
社名: Schering-Plough Corporation
代表者: Fred Hassan(Chairman and CEO:会長兼最高経営責任者)
従業員: 約30,500名
売上高: 83億ドル(2003年)
事業内容: 一般用医薬品および医療用医薬品の製造、販売。
アレルギー/炎症、感染症、癌疾患、循環器疾患、中枢神経系疾患の治療薬分野での世界的メーカー。
本社: 2000 Galloping Hill Road, Kenilworth, N.J. 07033-0530 USA
決算: 12月
ホームページ: http://www.schering-plough.com/schering_plough/index.jsp
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る