ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

ニュースリリースの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

2005年02月23日
富山化学工業株式会社と三菱ウェルファーマ株式会社
ニューキノロン系抗菌製剤「メシル酸パズフロキサシン注射液」 レジオネラ属効能追加
富山化学工業株式会社(社長:中野克彦)と三菱ウェルファーマ株式会社(社長:小峰健嗣)は、2002年 9月2日に発売しましたニューキノロン系抗菌製剤メシル酸パズフロキサシン注射液(一般名)のレジオネラ属の効能追加承認を、2月22日取得致しましたのでお知らせ致します。

レジオネラ属は重症肺炎の主要な感染源となっていますが、本剤は注射剤であることから、重症の患者様には特に有用性が高いものであります。この度の効能追加により選択肢が広がったことは、レジオネラ属を感染源とする肺炎の治療に大きく貢献できるものと考えております。

本剤は、富山化学が創製し、富山化学と三菱ウェルファーマが共同開発を行い、2002年4月11日に製造承認取得、8月30日に薬価収載されました。原薬は富山化学が製造し、両社がそれぞれ製品化を行い1物2銘柄(製品名:大正富山医薬品「パシル点滴静注液」、三菱ウェルファーマ「パズクロス注」)にて発売しております。
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る