ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

ニュースリリースの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

2006年06月20日
抗リウマチ薬「T-5224」 臨床第I相試験開始のお知らせ
富山化学工業株式会社(社長:中野克彦)は、抗リウマチ薬「T-5224」の臨床第I相試験を、本日より開始しましたのでお知らせします。

<T-5224の開発経緯および特徴>
当社は、関節リウマチの病態に深く関与しているとされる転写因子AP-1(Activator Protein-1)に関して、神戸大学 塩澤俊一教授及び北里大学 広野修一教授と共同研究を進めてきました。その結果、関節リウマチの根本治療が期待できる薬剤として低分子化合物「T-5224」を見出しました。その後必要な非臨床試験を終了し、この度、臨床第I相試験を開始しました。なお、本開発は独立行政法人科学技術振興機構の委託開発制度の支援をうけています。

これまでの抗リウマチ薬は、免疫異常の改善を主体とするものが多く開発されていますが、関節リウマチにおいて、最大の問題である関節・骨破壊の進行を完全に抑止するには満足のいく結果が得られていません。本剤はAP-1を阻害することにより、炎症や関節破壊を抑えることができることから、関節リウマチの根本治療薬として期待しています。

富山化学は研究開発型企業として「新薬開発を通じて世界の医療の発展に貢献する」ことを目指しています。
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る