ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

ニュースリリースの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

2007年06月25日
新規抗リウマチ薬「T-5224」
ロシュとライセンス契約締結
富山化学工業株式会社(東京/社長:菅田 益司)(以下、富山化学)は、F.ホフマン・ラ・ロシュ リミテッド(バーゼル/CEO:Dr Franz B. Humer)(以下、ロシュ)と富山化学が所有する新規抗リウマチ薬「T-5224」の世界的な研究、開発及び販売に関するライセンス契約を2007年6月25日に締結いたしました。

<契約の概要>
1. 富山化学は、日本を除く全世界における研究、開発及び販売の独占的権利をロシュに供与する。
2. 富山化学は、日本における研究、開発及び販売の独占的権利を有する。
3. 富山化学は、契約時、及び開発・販売の各段階において、総額で最高3億7,000万米ドルの一時金を受領する。
4. 富山化学は、売上高に応じた実施料を受領する。

<T-5224について>
富山化学は、関節リウマチの病態に深く関与しているとされる転写因子※AP-1(Activator Protein-1)について、神戸大学の塩澤俊一教授及び北里大学の広野修一教授と共同研究を進めてきました。その結果、関節リウマチの根本治療が期待できる薬剤としてT-5224を見出しました。その後、必要な非臨床試験を終了し、昨年6月より日本で臨床第Ⅰ相試験を実施しています。日本での研究開発については、独立行政法人科学技術振興機構から委託開発制度による開発費として25億円を受けています。

これまで抗リウマチ薬は、免疫異常の改善を主体とするものが多く開発されていましたが、近年は炎症性タンパクを直接阻害する抗体製剤が開発されています。しかし、関節リウマチにおいて最大の問題である関節・骨破壊の進行を完全に抑制するまでには至っていません。こうした中、T-5224はAP-1のDNAへの結合を阻害し、炎症性タンパクおよび骨破壊酵素の産生を抑制することにより、炎症や関節・骨破壊を抑えることができることから、関節リウマチに対する独創的な治療薬になると期待しています。

今回、ライセンス契約を締結したロシュは、抗リウマチ薬(抗体製剤)の開発に実績を持ち、低分子化合物であるT-5224の薬理効果と安全性から、本剤が関節リウマチの根本治療薬となる可能性について高く評価しています。

契約締結時に、ロシュの開発責任者であるDr. Jean-Jacques Garaudは、「この新規薬剤が加わることにより、ロシュの抗炎症・抗リウマチ領域の開発品目パイプラインはより一層充実するだろう。T-5224は関節リウマチの主要因を抑制する作用を持ち、薬理効果及び早期臨床試験での安全性が確認されている。今回の提携は我々二社のみならず関節リウマチの患者の方々に対して朗報であると考える。我々はT-5224開発という日本での新たな協力関係に大いに期待している。」と述べています。
また、富山化学社長の菅田益司は、「今回、世界的な研究開発型企業であるロシュとT-5224の共同開発を行うことにより、当社の重点領域の一つである抗炎症領域における新薬開発のポテンシャルを更に高めることができる。」と述べています。

富山化学は研究開発型企業として、「新薬の開発を通じ世界の医療の発展に貢献する」ことを目指しています。

[註]※AP-1(Activator Protein-1)
生体内のタンパクはDNAの情報を翻訳して産生されるが、そのプロセスはDNA上の翻訳開始点に「転写因子」が結合することで開始される。AP-1は転写因子のひとつであり、炎症性タンパクや関節・骨破壊酵素の産生に関与する。関節リウマチにおける病態のひとつとして、過剰なAP-1がこれらの炎症性タンパクや関節・骨破壊酵素を多量に作り出すことで、炎症または関節・骨破壊の進行を引き起こすことが知られている。


「富山化学工業株式会社の概要」
上場 : 東証一部市場
代表者 : 菅田 益司(すがた ますじ)
設立 : 昭和11年11月
資本金 : 224億円
従業員 : 1,025名(平成19年3月末現在)
売上高 : 167億円(平成19年3月期)
事業内容 : 医薬品の製造および販売
本社 : 東京都新宿区西新宿3-2-5 
ホームページ : http://www.toyama-chemical.co.jp

「F.ホフマン・ラ・ロシュ リミテッドの概要」
社名 : F. Hoffmann-La Roche Ltd
代表者 : Dr. Franz B. Humer(Chairman and CEO:会長兼最高経営責任者)
従業員 : 約75,000名
売上高 : 420億スイスフラン(2006年)
事業内容 : 医薬品、診断薬事業等、ヘルスケア製品の製造、販売 
がんおよび移植、ウイルス感染症、自己免疫疾患および炎症、代謝、中枢神経系疾患等の治療薬領域での世界的なメーカー
本社 : Grenzacherstrasse 124 CH-4070 Basel Switzerland
ホームページ : http://www.roche.com
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る