ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

ニュースリリースの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

2009年03月24日
関節リウマチ治療剤T-614の追加試験実施について
富山化学工業株式会社(本社:東京都、社長:菅田益司)とエーザイ株式会社(本社:東京都、社長:内藤晴夫)は、日本で共同開発を進めてきた関節リウマチ治療剤T-614(一般名:イグラチモド)について、2003年9月24日に新薬承認申請を行いました。両社は、その後の医薬品医療機器総合機構との面談、および近年の関節リウマチ治療の動向変化を踏まえ、標準的治療に対する本剤の上乗せ使用時の有効性および安全性に関するデータが必要と判断し、追加試験の実施の決定をしました。そのため、承認申請をいったん取り下げることにしました。
今後、追加試験を速やかに進め、2011年度中の再申請を目指します。

T-614は、富山化学工業株式会社が創製した新規の疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARD)です。両社は、本剤により関節リウマチの薬物治療に新たな選択肢を提供し、関節リウマチ患者様の多様なニーズの充足とQOL向上により一層貢献することをめざしてまいります。
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る