ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

ニュースリリースの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

2009年06月15日
注射用ニューキノロン系抗菌製剤「パズフロキサシンメシル酸塩注射液 1000mg」
製造販売承認申請のお知らせ
富山化学工業株式会社(社長:菅田 益司)と田辺三菱製薬株式会社(社長:葉山 夏樹)は、国内で共同開発を進めてきた注射用ニューキノロン系抗菌製剤「パズフロキサシンメシル酸塩注射液1000㎎」の製造販売承認申請を、本年6月11日に行いましたのでお知らせします。

「パズフロキサシンメシル酸塩注射液」は、2002年9月より1物2銘柄(製品名:富山化学「パシル点滴静注液」、田辺三菱製薬「パズクロス注」)で並売をしており、「パズフロキサシン」として300㎎、500㎎含量した2規格を販売しています。
近年、医療現場で問題となっている重症・難治性感染症に対して、本剤を増量して使用したいとの学会からの要望を受け、臨床試験を実施してまいりました。
この度、試験成績がまとまり、通常は「パズフロキサシン」として1日1000㎎を2回に分けて点滴静注する現在の用法・用量に加え、重症・難治性感染症等では1日2000mgを2回に分けて点滴静注するという用法・用量の取得をめざしてまいります。

承認取得後、本剤は大正富山医薬品株式会社(社長:大平 明)と田辺三菱製薬株式会社の2社で販売を行います。

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る