ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

ニュースリリースの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

2010年01月08日
ニューキノロン系経口抗菌製剤「オゼックス®細粒小児用15%」1月12日新発売のお知らせ
大正富山医薬品株式会社(本社:東京、社長:大平 明、以下「大正富山医薬品」)は、ニューキノロン系経口抗菌製剤「オゼックス®細粒小児用15%」(一般名:トスフロキサシントシル酸塩水和物)を1月12日に新発売いたします。

「オゼックス®細粒小児用15%」は、富山化学工業株式会社(本社:東京、社長:菅田 益司、以下「富山化学工業」)が、1990年より経口剤(錠剤)として販売しているオゼックス®錠を小児用細粒剤として開発し、製造販売承認を取得した薬剤です。小児の肺炎、中耳炎に適応を有する国内初の小児用ニューキノロン系抗菌製剤で、ペニシリン耐性菌を含む肺炎球菌やインフルエンザ菌、モラクセラ・カタラーリスに優れた抗菌力を示します。また、他の経口抗菌薬による治療効果が期待できない症例に対して、本剤を使用することにより優れた効果が期待でき、難渋する小児の肺炎、中耳炎治療に貢献できるものと考えております。

大正富山医薬品は、大正製薬株式会社(本社:東京、社長:上原 明)と富山化学工業の共同出資により2002年10月に設立された医療用医薬品の国内販売会社で、感染症領域、炎症・免疫領域を重点領域としております。

「オゼックス®細粒小児用15%」の概要は以下のとおりです。

<製品の概要>
販売名 オゼックス®細粒小児用15%
一般名 トスフロキサシントシル酸塩水和物
効能・効果 適応菌種:
トスフロキサシンに感性の肺炎球菌(ペニシリン耐性肺炎球菌を含む)、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、炭疽菌、コレラ菌、インフルエンザ菌*
*インフルエンザ菌にはβ-ラクタム耐性インフルエンザ菌を含む。
適応症:
肺炎、コレラ、中耳炎、炭疽
用法・用量 通常、小児に対してはトスフロキサシントシル酸塩水和物として1日12mg/kg(トスフロキサシンとして8.2mg/kg)を2回に分けて経口投与する。 ただし、1回180mg、1日360mg(トスフロキサシンとして1回122.4mg、1日244.8mg)を超えないこととする。
特長  1.国内初の小児用ニューキノロン系細粒剤。           
2.小児用ニューキノロン系抗菌製剤としては国内で初めて肺炎、中耳炎の適応を取得。           
3.耐性菌*を含む肺炎球菌やインフルエンザ菌、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリスに優れた抗菌力を示す。
*PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)やBLNAR(β-ラクタマーゼ非産生アンピシリン耐性インフルエンザ菌)
包装 100g、0.5g×100包
薬価 580.90円/g
製造販売承認取得者 富山化学工業株式会社
製造販売承認取得日2009年10月16日
薬価収載日2009年12月11日
発売日2010年1月12日

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る