ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

ニュースリリースの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

2010年10月12日
注射用ニューキノロン系抗菌製剤「パシル®点滴静注液1000mg」「パズクロス®点滴静注液1000mg」
10月13日新発売のお知らせ
大正富山医薬品株式会社(本社:東京都、社長:大平 明、以下「大正富山医薬品」)と 田辺三菱製薬株式会社(本社:大阪府、社長:土屋 裕弘、以下「田辺三菱製薬」)はそれぞれ、 注射用ニューキノロン系抗菌製剤「パシル®点滴静注液1000mg」「パズクロス®点滴静注液1000mg」(一般名:パズフロキサシンメシル酸塩)を 10月13日に新発売いたします。

両社は、2002年9月から「パシル®点滴静注液300mg・500mg」「パズクロス®点滴静注液300mg・500mg 」を販売しておりますが、 2010年7月23日に承認された効能・効果、用法・用量の一部変更*にあわせ、新たに「1000mg」バッグを追加いたしました。

近年、医療現場で問題となっている重症・難治性感染症に対して、安全性を確保した上で本剤を増量して使用したいとの 日本化学療法学会からの要望を受け、富山化学工業株式会社(本社:東京都、社長:菅田 益司、以下「富山化学工業」) と田辺三菱製薬が、「1000mg」バッグを共同で開発いたしました。「1000mg」バッグの発売により、医療現場における利便性及び 簡便性の向上にも貢献できるものと考えております。

「パシル®点滴静注液1000mg」「パズクロス®点滴静注液1000mg」は、「300mg」および「500mg」規格と同様にそれぞれ富山化学工業と田辺三菱製薬が製造を行い、 販売については大正富山医薬品と田辺三菱製薬の2社がそれぞれ行います。

*効能・効果、用法・用量の一部変更内容
効能・効果:
適応症として「敗血症」、適応菌種として「肺炎球菌」が追加

用法・用量:以下の内容が追加
敗血症、肺炎球菌による肺炎、重症・難治性の呼吸器感染症(肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染に限る)の場合
通常、成人にはパズフロキサシンとして1日2000mgを2回に分けて点滴静注する。 点滴静注に際しては、1時間かけて投与すること。

「パシル®点滴静注液1000mg」「パズクロス®点滴静注液1000mg」の概要は以下の通りです。

<製品の概要>
販売名 「パシル®点滴静注液1000mg」「パズクロス®点滴静注液1000mg」
一般名(*) パズフロキサシンメシル酸塩
効能・効果(*) 適応菌種:
パズフロキサシンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、大腸菌、シトロバクター属、クレブシエラ属、エンテロバクター属、セラチア属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、インフルエンザ菌、緑膿菌、アシネトバクター属、レジオネラ属、バクテロイデス属、プレボテラ属
適応症:
敗血症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、肺炎、肺膿瘍、慢性呼吸器病変の二次感染、複雑性膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎(急性症、慢性症)、腹膜炎、腹腔内膿瘍、胆嚢炎、胆管炎、肝膿瘍、子宮付属器炎、子宮旁結合織炎
用法・用量(*) 通常、成人にはパズフロキサシンとして1日1000mgを2回に分けて点滴静注する。なお、年齢、症状に応じ、1日600mgを2回に分けて点滴静注するなど、減量すること。 点滴静注に際しては、30分~1時間かけて投与すること。
●敗血症、肺炎球菌による肺炎、重症・難治性の呼吸器感染症(肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染に限る)の場合
通常、成人にはパズフロキサシンとして1日2000mgを2回に分けて点滴静注する。点滴静注に際しては、1時間かけて投与すること。
包装 200mL×10袋
薬価 1000mg200mL1キット:2,750円
製造販売承認取得者 「パシル®点滴静注液1000mg」:富山化学工業
「パズクロス®点滴静注液1000mg」:田辺三菱製薬
承認取得日 2010年7月23日
薬価収載日2010年9月27日
発売日2010年10月12日
*「300mg」および「500mg」規格と共通

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る