ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

ニュースリリースの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

抗リウマチ剤「コルベット®錠25mg」
9月12日新発売のお知らせ

2012年9月11日

大正富山医薬品株式会社

大正富山医薬品株式会社(本社:東京、社長:大平 明、以下「大正富山医薬品」)は、抗リウマチ剤 「コルベット®錠25mg」(一般名:イグラチモド)を9月12日に新発売いたします。


「コルベット®錠25mg」は、富山化学工業株式会社(本社:東京、社長:菅田 益司)で創製された新規の疾患修飾性抗リウマチ剤(DMARD)です。
  本剤は、関節リウマチ患者さんを対象とした単剤投与の臨床試験において、プラセボに対する優越性と既存のDMARD(サラゾスルファピリジン)に対する非劣性を示しました。また、標準治療薬であるメトトレキサート(以下、MTX)との併用試験では、MTXの効果不十分な患者さんに対して国内で初めてMTXへの上乗せ併用の有効性を確認することができ、本年6月29日に「関節リウマチ」の効能・効果で製造販売承認を取得いたしました。
  本剤は、関節リウマチの薬物治療に新たな選択肢を提供し、関節リウマチ患者さんの状況に合わせた投与薬剤の選択を可能にする新たなリウマチ治療薬として期待できます。


なお、製造販売後、一定の症例数に達するまでの間、投与された全ての患者さんを対象に特定使用成績調査(全例調査)を実施いたします。


大正富山医薬品株式会社は、大正製薬株式会社(本社:東京、社長:上原 茂)とともに大正製薬グループの中心となる、医療用医薬品の国内販売会社です。感染症、炎症・免疫を重点領域としており、本剤の発売によって炎症・免疫領域における製品ラインアップを拡充いたします。また、医療現場における多様なニーズにお応えすることを通じて、患者さんの生活の質(QOL)向上に貢献できるものと考えています。



【ご参考】


販  売  名 : コルベット®錠25mg
一  般  名 : イグラチモド
効能 ・ 効果 : 関節リウマチ
用法 ・ 用量 : 通常、成人にはイグラチモドとして、1回25mg を1日1回朝食後に4週間以上経口投与し、それ以降、1回25mg を1日2回(朝食後、夕食後)に増量する。
承  認  日 : 2012年6月29日 (製造販売承認取得者 : 富山化学工業株式会社)
薬価基準収載日 : 2012年8月28日
販売開始日 : 2012年9月12日
薬     価 : 150.50円/1錠
包     装 : 100 錠(PTP)

関節リウマチ :
体の多くの関節に炎症が起こり、関節が腫れて痛む病気です。罹患早期から関節破壊が進行し、長期罹患によって、関節の変形と機能障害が起こります。関節リウマチは自己免疫疾患の一種で、何らかの原因により、関節腔の内面を覆っている滑膜細胞が増殖します。また、関節の血管が増加し、血管内から関節滑膜組織にリンパ球、マクロファージなどの白血球が遊走します。関節局所で免疫応答が起こり、リンパ球やマクロファージが産生するサイトカイン(細胞間情報伝達物質)の作用により炎症反応が引き起こされ、軟骨・骨の破壊が進行します。日本には約70~80万人の関節リウマチ患者さんがいるといわれています。

疾患修飾性抗リウマチ剤(DMARD) :
DMARD(Disease Modifying Anti-Rheumatic Drug)は、病気の本態をコントロールするという意味で疾患修飾性抗リウマチ剤と呼ばれています。関節リウマチにおいて炎症を起こす原因と考えられている免疫異常などをコントロールすることが期待されます。

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る