ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

ニュースリリースの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

注射薬のバッグ製剤の新工場(508工場)における商業生産開始に関するお知らせ

2015年2月24日

富山化学工業株式会社

富士フイルムグループの富山化学工業株式会社(本社:東京都新宿区、社長:菅田益司、以下、富山化学)は、富山事業所内に建設していた、ペニシリン系注射薬のバッグ製剤の生産を行う新工場(508工場)での商業生産を2月24日より開始いたしました。

新工場は、平成25年1月に着工し、平成26年3月に竣工、その後、試験生産を行ってきました。


新工場は、富山化学と富士フイルムのエンジニアリング技術を用いて設計した、生産ラインを導入しています。生産ラインの滅菌工程には富山化学独自の高精度な温度制御技術を、検査工程には富士フイルムの高度な画像検査技術などを投入しており、効率的なバッグ製剤の製造が可能です。

また、新工場は「PIC/S(医薬品査察協定および医薬品査察協同スキーム)」により求められる高度な医薬品製造国際基準をクリアしております。


新工場で製造するバッグ製剤は、富士フイルムが長年写真フィルムなどの研究開発で培ってきた、高い有機材料の知見と、優れた製膜技術を応用して、バリア性と透明性を両立させた「超ハイバリア性透明フィルム」を使用しています。これにより、高い防酸化性および防湿性を実現しています。また、投薬調製時にバッグ内部を一目で確認することができるため、利便性も向上しています。


富士フイルムグループの富山化学は研究開発型企業として「新薬開発を通じて世界の医療の発展に貢献する」ことを目指しています。



【建設概要】

1.工場名 : 508工場(鉄骨造 4階建て)

2.住所 : 富山県富山市下奥井2-4-1

3.建築面積/延床面積 : 1,170.91 ㎡/3,471.02 ㎡

4.総工費 : 35.5億円

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る