ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

ニュースリリースの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

ニューキノロン系経口抗菌製剤「オゼックス®細粒小児用15%」
適応菌種に「肺炎マイコプラズマ」を追加する一部変更承認申請について

2016年5月23日

富山化学工業株式会社

富士フイルムグループの富山化学工業株式会社(社長:菅田益司、以下「富山化学」)は、ニューキノロン系経口抗菌製剤「オゼックス®細粒小児用15%」(一般名:トスフロキサシントシル酸塩水和物)について、本日、適応菌種に「肺炎マイコプラズマ」を追加する一部変更承認申請を行いましたので、お知らせします。


マイコプラズマ肺炎の治療には、マクロライド系抗菌薬が一般的に使用されていますが、近年、マクロライド系抗菌薬への耐性菌が増加しています。そのため、日本小児感染症学会、日本感染症学会および日本小児科学会より、厚生労働大臣等に対して、「小児の肺炎マイコプラズマ感染症におけるキノロン系抗菌薬の適応拡大に関する要望書」が提出されています。また「オゼックス®細粒小児用15%」は、「小児呼吸器感染症診療ガイドライン2011追補」において、マクロライド系抗菌薬への耐性を持った「肺炎マイコプラズマ」感染時の治療の選択肢とされています。これらの状況を受けて、富山化学は適応菌種追加のための開発を進め、この度、一部変更承認申請を行いました。


富士フイルムグループの富山化学は、研究開発型企業として「新薬開発を通じて世界の医療の発展に貢献する」ことを目指しています。



【「オゼックス®細粒小児用15%」について】

富山化学が、1990年より経口剤(錠剤)として販売している「オゼックス®錠」を小児用細粒剤として開発したものです。

2009年に製造販売承認を取得し、小児の肺炎、中耳炎に適応を有する国内初の小児用ニューキノロン系経口抗菌製剤として、2010年より大正富山医薬品株式会社から情報提供活動および販売を行っています。


【「肺炎マイコプラズマ」について】

肺炎の中でも、気管支や肺胞の外部の間質で炎症を引き起こす肺炎の一種がマイコプラズマ肺炎で、その原因となる細菌が「肺炎マイコプラズマ」です。小児や若い人の肺炎の原因としては比較的多く、患者の約80%は14歳以下です。

マイコプラズマ肺炎は、抗菌薬(抗生物質)によって治療しますが、効果のある抗菌薬は一部に限られています。また近年、通常使用される抗菌薬に耐性を示す菌が増えてきているとされています。


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る