ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

ニュースリリースの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(生産・販売の終了、仕様・価格の変更、組織・連絡先変更等)がありますのでご了承ください。

「新規作用様式のパンデミック対策用抗インフルエンザ薬の開発」で
平成30年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰「科学技術賞」を受賞

2018年4月17日

富山化学工業株式会社

富士フイルムグループの富山化学工業株式会社(本社:東京都新宿区、社長:岡田淳二、以下、富山化学)は、文部科学省の定める平成30年度科学技術分野の文部科学大臣表彰において、「新規作用様式のパンデミック対策用抗インフルエンザ薬の開発」に関する功績で「科学技術賞(開発部門)」を受賞いたしました。


科学技術分野の文部科学大臣表彰は、科学技術に関する研究開発、理解増進などにおいて顕著な成果を収めた者について、その功績を讃えることにより、科学技術に携わる者の意欲の向上を図り、日本の科学技術水準の向上に寄与することを目的とするものです。「科学技術賞(開発部門)」は、日本の社会経済、国民生活の発展向上などに寄与し、実際に利活用されている画期的な研究開発もしくは発明を行った者が対象です。


この度の受賞は、新規作用機序を持つ抗インフルエンザウイルス薬「アビガン®錠200mg」が、新型または再興型インフルエンザウイルスで、かつ既販薬剤耐性ウイルスが流行した場合の治療薬として国民の保健衛生維持に有用との判断により承認され、さらに、保存安定性も高く備蓄薬としてパンデミック時の対策に寄与する点が高く評価されたものです。


受賞内容は以下の通りです。

【受賞者】

古田要介 富山化学工業株式会社 事業開発部 シニアアソシエイト
江川裕之 元 富山化学工業株式会社 クオリティアシュアランスセンタ ーGMPグループ 調査役

【開発の背景】

高病原性鳥インフルエンザを含めた新型または再興型インフルエンザの世界的な流行が問題となっています。また、既販薬剤耐性ウイルスの出現もあり、新たな作用機序を有する薬剤の開発が望まれています。


【開発の成果】

富山化学の化合物ライブラリーから得た、抗インフルエンザウイルス作用を有する化合物を改良し、「アビガン®錠200mg」を開発しました。当薬剤は新規作用機序であるウイルスRNAポリメラーゼの選択的阻害作用を示し、インフルエンザウイルスなどのRNAウイルスに効果を発揮します。また、高い経口吸収性を示し利便性に優れた薬剤です。

従来の抗インフルエンザウイルス薬の作用機序である①脱殻阻害②遊離酵素阻害とは異なる作用機序で、ウイルスを直接不活化する薬剤であることから、高病原性鳥インフルエンザウイルスや既販薬耐性ウイルスに対する効果が動物モデルで証明されています。さらに、致命率の高いエボラウイルスなどのRNAウイルスへの効果も報告されています。

なお、「アビガン®錠200mg」は2017年3月30日に改定された「新型インフルエンザ等対策ガイドライン」において、日本政府による約200万人分の備蓄が決まっております。


富士フイルムグループの富山化学は、研究開発型企業として「新薬開発を通じて 世界の医療の発展に貢献する」ことを目指しています。

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る