ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

炎症領域

 

関節リウマチ、変形性関節症などの炎症領域も富山化学の研究テーマです。日本では70万人以上、海外では650万人以上いるといわれている関節リウマチの患者さん。近年新しいタイプの薬剤が発売され、以前に比べ有効な治療が可能となりましたが、副作用などまだ完全とはいえません。富山化学は国内外問わず外部機関と提携するなどで開発の効率化を図り、新薬展開を進めています。

研究対象

イグラチモド(Iguratimod)

抗リウマチ剤 イグラチモドは、近年の研究により詳しい作用機序が解明されつつあり、現在も他の炎症性疾患への応用の可能性について、さらなる展開を検討中です。

関連情報

事業内容と、事業への取り組みについてご紹介。

国内における販売体制や主な製品をご紹介。


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る