ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


契約リスト

 

1. 外国企業への技術輸出契約

契約年 相手先 国名 契約内容
2015年 ティーアール・ファーム社 トルコ 抗リウマチ薬「T-614(イグラチモド)」のノウハウについての実施契約
2006年 東亜製薬 韓国 ニュータイプのキノロン系合成抗菌剤「T-3811(ガレノキサシン)」の韓国における特許およびノウハウについての実施契約
2004年 シェリング・プラウ社 アメリカ ニュータイプのキノロン系合成抗菌剤「T-3811(ガレノキサシン)」の特許およびノウハウについての実施契約
2004年 東亜製薬 韓国 ニューキノロン系合成抗菌剤の点眼剤「TN-3262a(トスフロキサシン)」の韓国における特許およびノウハウについての実施契約
2002年 東亜製薬 韓国 抗リウマチ薬「T-614(イグラチモド)」の韓国における特許およびノウハウについての実施契約
2001年 フェレール・インターナショナル社 スペイン 合成抗菌剤「T-3912(オゼノキサシン)」の特許およびノウハウについての実施契約
1990年 サイアナミッド・インターナショナル社 バミューダ ピリドンカルボン酸系合成抗菌剤「トスフロキサシン」の特許およびノウハウについての実施契約
1983年 ブリストル・マイヤーズ社 アメリカ セファロスポリン類の製造中間体の製造法に関する特許についての実施契約
1981年 ロシュ社 スイス セファロスポリン類の製造中間体の製造法に関する特許についての実施契約
1979年 レダリーピペラシリン社 アメリカ ペニシリン系抗生物質「ピペラシリン」の特許およびノウハウについての実施契約
1978年 ファイザー社 アメリカ セフェム系抗生物質「セフォペラゾン」の特許およびノウハウについての実施契約

2. 外国企業からの導入契約

契約年 相手先 国名 契約内容
2013年 センプラ社 アメリカ 新規マクロライド系抗菌剤「ソリスロマイシン」の独占的開発および販売に関するライセンス契約
1992年 ファイザー社 アメリカ 抗炎症剤「アンピロキシカム」の特許およびノウハウについての実施契約

3. 外国企業とのクロスライセンス契約等

契約年 相手先 国名 契約内容
1988年 アボット・インターナショナル社 アメリカ ピリドンカルボン酸系合成抗菌剤の特許に関するクロスライセンス契約

4. 国内企業との取引契約

契約年 相手先 契約内容
2006年 アステラス製薬株式会社 ニュータイプのキノロン系合成抗菌剤「T-3811(ガレノキサシン)」の国内での販売権の供与および共同開発等に関するライセンス契約
2003年 大塚製薬株式会社 (株)ニデックと共同開発のニューキノロン系合成抗菌剤の点眼剤「TN-3262a(トスフロキサシン)」の国内における販売権の供与
2003年 大正製薬株式会社 抗リウマチ剤「T-614(イグラチモド)」の販売権の供与
2002年 大正製薬株式会社 ニュータイプのキノロン系合成抗菌剤「T-3811(ガレノキサシン)」の販売権の供与
2002年 ノバルティスファーマ株式会社 セフェム系抗生物質「ハロスポア」の販売権の取得
2001年 マルホ株式会社 合成抗菌剤「T-3912(オゼノキサシン)」の特許およびノウハウについての実施権の供与
1999年 吉富製薬株式会社 ループ利尿剤「ルプラック」の国内における独占的販売権の取得
1998年 エーザイ株式会社 抗リウマチ剤「T-614(イグラチモド)」の特許およびノウハウについて国内における実施権の供与、共同開発、並行販売等に関する契約
1997年 株式会社ニデック 眼科領域での外用薬に関する共同開発、製造および販売権の供与に関する基本契約
1992年 株式会社ミドリ十字 ニューキノロン系合成抗菌剤「メシル酸パズフロキサシン」の国内における共同開発、並行販売等に関する契約
1991年 大鵬薬品工業株式会社 βラクタマーゼ阻害剤「タゾバクタム」(大鵬)と合成ペニシリン製剤「ピペラシリン」(当社)の配合剤の共同開発、並行販売に関する契約
1988年 アボット ジャパン株式会社 合成抗菌剤「トスフロキサシン」の製造販売およびノウハウについての実施権の供与

関連情報

創業から現在に至るまでの主な出来事をご紹介。


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る